バーキンの原型といえるエルメスのオータクロア

エルメスというと、やはり最高級のバーキンやケリーのイメージが強いかもしれません。
それだけ日本でも愛されているということでもありますが、これだけがラインナップではないのです。

バーキンが生まれる前、1892年に馬具メーカーだったエルメスが鞍を入れるために制作したバッグがオータクロアです。
このオータクロアから他のバッグが生まれてきたといっても過言ではありません。
それは、エルメス初のバッグだったからなのです。

馬の鞍を入れるためのバッグですから、開口の広さが特徴で、重量があっても平気なほど丈夫な作りになっています。
少々縦長な印象がありますが、これも鞍を入れるためのデザインだったのです。

エルメス買取ならセレブブランド
不要になった買取ご希望ならセレブブランドをご利用ください!

オータクロアを見ると、バーキンと非常によく似た印象を受けるでしょう。
それこそバーキンの派生型なのではないかと思ったりしますが、実はオータクロアが原型になったといわれているのです。
違いはといえば、サイズの違いもありますが、オータクロアは重量物を入れることが前提だったため、底面の鋲が大きくなっているところと、底面のデザインに違いがあります。
一見すればそっくりなのですが、金具も角ばっているため、正面から見ても違うものなのです。

使い勝手ということを考えると、小柄な日本人には縦長になっているオータクロアのほうがあっているともいえます。
そこまで人気がないせいか、価格帯も低くなっておりはしますが、何も不便なところはありません。
それどころが、バーキンよりも微妙に大きくされている点が、ビジネスシーンでは使い勝手がよかったりします。
市場浸透ということ考えれば、知名度は劣るかもしれませんが、一度もって見るとオータクロアの良さもわかるのです。

ページの先頭へ