さらに高い収納力を持つエルメスオータクロア32の特別感

不要になった買取ご希望ならセレブブランドをご利用ください!

エルメスといえば、特別な存在であると答える人は多くいるでしょう。
その中でも、オータクロア32ともなると、知る人ぞ知るぞ知るといった感があるのです。
もとをただせば、バーキンのもとになったバッグであり、馬具メーカーとして鞍を入れるバッグを作ったところから始まります。

今ではエルメスはバッグメーカーとして一流ですが、その最初のバッグとなったのがオータクロアなのです。

そのオータクロアの中でも32㎝サイズは、バーキン30ではちょっと小さいと思った人に向くでしょう。
一回り大きいというだけではありません。
一目見るとバーキンと区別がつかないオータクロアですが、デザイン的には縦長にできており、ビジネスシーンではとても活躍できるようなつくりなのです。
32㎝になれば、大概の書類は収納することができるでしょう。
さらに、縦長のデザインは、なんでも詰め込むことができるというコンセプトをさらに推し進めることができるといえます。
鞍を入れるデザインだったわけですから、耐久性にも優れ、重量のあるものを入れたとしても、耐えられるようになっているのです。
その証拠として、底面についている鋲はバーキンよりも大きく、さらに頑丈であることがわかるのです。

ビジネスシーンで活躍が期待できる32ではありますが、プライベートでも多くの荷物を詰め込むことができるため、ちょっとした旅行であればすぐにでも出かけることができます。
それだけの収納力を持っているのにもかかわらず、最上級の品格を漂わせているのですから、やはり特別な存在であるといえるでしょう。

ページの先頭へ